■ クロージングイベント 現地参加登録について ■

7月27日(水)開催クロージングイベントの現地参加登録を受け付けております。

「既に申込済みの方」
オンデマンド配信プロットホームにログインし、ご自身のアカウントの「登録情報変更」より「クロージングイベントに現地で参加しますか」より「はい」を選択してください。

「新規で申込される方」
登録フォームの「クロージングイベントに現地で参加しますか」より「はい」を選択してください。
登録情報変更
クロージング現地参加

■  「#お家でCODT2022 」   キャンペーンを開始することに決定しました!!! ■

キャンペーンの概要:
こちらのツイートに「 #お家でCODT2022」 のタグと「見たセッション動画のURL」、「感想」の3つを含めてリプライすることで7/27までの毎週水曜日に抽選で2名様に豪華お肉セット(金券)をプレゼントします!感想お待ちしております!
面白くて、ためになるセッションが盛りだくさん、みんなで #お家CODT2022 で酷暑を乗り越えましょう!

■ オンデマンドセッション詳細公開開始!! ■

6月27日配信開始の約70セッションのスピーカー情報、セッション概要を公開しました。6月27日から約4週間のオンデマンド配信期間は、運用者が日々取り組んでいる新しい挑戦、成功・失敗体験、得られたノウハウなど、実運用における体験談を公募した中から選択した約35セッション、および、スポンサーセッション、主催者企画セッションなど、全約70セッションをいつでも自由に視聴できます。


各セッション詳細、スピーカー情報、アブストラクトなどについて、配信プラットホーム上掲載しております。セッション詳細の閲覧、オンデマンド視聴にイベント登録が必要です。

■ Cloud Operator Days Tokyo 2022 プレイベント ■

クラウド Watch に5月31日のプレイベント様子を取り上げていただきました。
CODT2022の開催趣旨、注目セッションも丁寧に記事にしていただきました。是非ご覧ください!!

クラウドインフラ運用技術者の年次カンファレンス「Cloud Operator Days Tokyo 2022」が開幕
“泥臭い経験を共有する貴重な場”に
https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/event/1414204.html

■ Cloud Operator Days Tokyoについて ■

クラウドの運用者に焦点を当てた技術者向けの新しいテックイベントです。

クラウドの運用者とは、クラウド基盤(IaaS、PaaS、CaaS、FaaS)を運用しているインフラエンジニアの方だけではなく、クラウド基盤上でアプリケーションを作成し、運用している人も含みます。

オペレーションに関わる技術や悩み、解決策を 発表、共有していくことで運用技術の発展やインフラ、アプリケーション運用に興味がある若手の教育、育成ができるイベントとして発展させていきたいと考えております。

昨年の第2回は50以上のオンラインセッション、及びワンデーライブイベントを行い、延べ2000名以上の皆様にご参加いただきました。
https://cloudopsdays.com/archive/2021/

今年の開催はオンラインでのセッション配信、及びオンサイトでのクロージングイベントのハイブリッド開催を計画しております。(状況に応じて変更の可能性があります)

■  「#お家でCODT2022 」   キャンペーンを開始することに決定しました!!! ■

キャンペーンの概要:
こちらのツイートに「 #お家でCODT2022」 のタグと「見たセッション動画のURL」、「感想」の3つを含めてリプライすることで7/27までの毎週水曜日に抽選で2名様に豪華お肉セット(金券)をプレゼントします!感想お待ちしております!
面白くて、ためになるセッションが盛りだくさん、みんなで #お家CODT2022 で酷暑を乗り越えましょう!

■ オンデマンドセッション詳細公開開始!! ■

6月27日配信開始の約70セッションのスピーカー情報、セッション概要を公開しました。6月27日から約4週間のオンデマンド配信期間は、運用者が日々取り組んでいる新しい挑戦、成功・失敗体験、得られたノウハウなど、実運用における体験談を公募した中から選択した約35セッション、および、スポンサーセッション、主催者企画セッションなど、全約70セッションをいつでも自由に視聴できます。


各セッション詳細、スピーカー情報、アブストラクトなどについて、配信プラットホーム上掲載しております。セッション詳細の閲覧、オンデマンド視聴にイベント登録が必要です。

■ Cloud Operator Days Tokyo 2022 プレイベント ■

クラウド Watch に5月31日のプレイベント様子を取り上げていただきました。
CODT2022の開催趣旨、注目セッションも丁寧に記事にしていただきました。是非ご覧ください!!

クラウドインフラ運用技術者の年次カンファレンス「Cloud Operator Days Tokyo 2022」が開幕
“泥臭い経験を共有する貴重な場”に
https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/event/1414204.html

■ Cloud Operator Days Tokyoについて ■

クラウドの運用者に焦点を当てた技術者向けの新しいテックイベントです。

クラウドの運用者とは、クラウド基盤(IaaS、PaaS、CaaS、FaaS)を運用しているインフラエンジニアの方だけではなく、クラウド基盤上でアプリケーションを作成し、運用している人も含みます。

オペレーションに関わる技術や悩み、解決策を 発表、共有していくことで運用技術の発展やインフラ、アプリケーション運用に興味がある若手の教育、育成ができるイベントとして発展させていきたいと考えております。

昨年の第2回は50以上のオンラインセッション、及びワンデーライブイベントを行い、延べ2000名以上の皆様にご参加いただきました。
https://cloudopsdays.com/archive/2021/

今年の開催はオンラインでのセッション配信、及びオンサイトでのクロージングイベントのハイブリッド開催を計画しております。(状況に応じて変更の可能性があります)